この街に出会えてHAPPY!笑顔あふれるビッグタウンの新生活。ご入居者インタビュー

Interview

ご入居者のHさまにインタビュー

田舎暮らしと都会暮らしの中間で子育てを満喫。アクセスも抜群で、毎日を愉しめる立地に納得しました。

写真

以前は愛知県に家族3人で一軒家を借りて暮らしていましたが、ふたごの子どもたちの誕生と仕事の転機をきっかけに実家の近い神戸市北区あたりで住宅を探しはじめました。自然豊かな場所での田舎暮らしに憧れもあり実際に田舎の物件も見学しましたが、現実的には生活することが難しいと感じ都会と田舎の中間で子育てやアクセスを考慮しながら十分な広さと庭のある戸建を検討していたところ、この鹿の子台が立地的にとても気に入りました。子どもたちがのびのび暮らせる環境や住まいでありながら、将来的に子どもたちが自分で学校を選ぶ際にも交通の利便が良い点も考えました。また高速道路を利用した車通勤にも便利で、新名神高速道路開通後は実家へのアクセスも便利になり、以前のお友達との交流も保つことができる程よい距離感がいいなと思います。

近隣の分譲物件も検討しましたが、全体として統一された街の雰囲気が良かったこと、住宅どうしの間隔にゆとりがあり広い庭もあることから「Hug-miの街 神戸・鹿の子台」に決めました。実際の住まいを見て選べるため、外観や室内の色や素材も実物で理解でき暮らしをイメージできたことも購入の大きなポイントになりました。

新居選びにあたっては、庭があること、床暖房があること、ガス設備が敷設されていることなど「マスト項目」を書き出し、本物件はその全てをクリアしており「自分たちが購入すべき物件はこれだ」と感じました。子どもたちが遊ぶにもバーベキューを楽しむにも気兼ねなくできる広い庭があり、さらにリビングから見える雑木林は小鳥や虫も身近に感じ、朝起きたら森がすぐ近くに見えマイナスイオンもいっぱい。キジも見ることができ夜にはクワガタなんかもいて、自然好きにはたまらない環境ですね。将来的には家庭菜園をしたりテーブルとチェアを置いてゆったり過ごしたりと、子どもたちの成長と共に使い方を変えていけることも楽しみのひとつです。室内は水廻りが集約されているため効率的に動けて嬉しい。また玄関からダイレクトにキッチンにつながる2WAYの動線は子どもたちを見ながら家事に動き回るのにも便利ですね。

「Hug-miの街 神戸・鹿の子台」には同世代の子どもたちがたくさんいて、子どもたちも親どうしもすぐに自然と仲良くなれました。自治会ではビンゴ大会やお餅つき大会なども開催され、それをきっかけにご近所づきあいがまた活発になるのも嬉しいですね。もし友達が近くで住まいを探すなら自信を持って勧められる暮らしがあります。

  • 写真子どもたちがのびのびと過ごせる明るく開放的な広々としたリビング。冬場は足元から暖かい床暖房が活躍します。
  • 写真バーベキューを楽しんだり遊び場としても広い庭は、毎日を自然を感じながら過ごせる緑の木々がすぐ近くに広がります。
  • 写真動線や収納にも優れる水廻り。オープンカウンターのキッチンは、お子さまを見守りながらのお料理にも便利。